読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームばかりしている日々の記録。主にプレイした作品の紹介、感想を書いてます!

ゲーム遍歴・前編

勢いでブログを開設してみたものの、その時点で攻略中のゲームがあり中途半端で記事が書けないという阿呆な状況に陥ってました。

ちなみに、ps3版ニノ国〜白き聖杯の女王〜です。ラスボス倒して一息ついたけど、このあとトロフィーコンプまでやるか悩んでます。なかなか何のゲームでプレイ日記を書き始めようか決まりません。。

ということで、とりあえずは私のゲーム遍歴を適当にまとめてみようかと思います。

 

!書いてたら無駄に長くなってしまったのでご注意下さい!

 ====

***

 

◆幼少期・小学生時代〜

世代的NO.1は間違いなくポケモンですね。

赤緑から始めて最近は少し気持ちが離れてますが、一応全作プレイしてきてます。

当時は他に、

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド

・もんすたあ★レース

超魔神英雄伝ワタル まぜっこモンスター

というような、モンスター育成ゲームにどハマりしてました。(後ろ2つマイナー過ぎですよね...)たまごっち、ポケモンの亜種で流行ってたんですね、きっと。

テリワンに関しては、恐らく親にネットで配合表を探して印刷してもらい、そのデータを神のレシピの如く崇めながら、にじくじゃくとかキングレオとか作ってた記憶があります。パオーム×パオームでキングレオでしたっけ?象と象でライオンってどういうことだと思いながらやってました。

でも子供なので結局シナリオクリアすらできてなかったような。

 

据え置き機ははじめSFCとPSがあったけど、殆ど両親用みたいな感じで触れなかったので、何だかオトナのゲームみたいに憧れてました。ソフトも全然無かったですし。

結局しっかり遊んだ記憶があるのは、SFCドラクエ5、PSパラッパラッパーくらい。

パラッパの音楽は今でも好きでサントラ買い、続編のウンジャマラミーもアーカイブスでプレイしました!音ゲー苦手だけど、このシリーズは楽しくプレイできます。ほにゃほにゃしたキャラデザも音楽も、世界観も、とっても好きです。

 

そして64が発売されて、初めて与えられた子供用の据え置き機!

マリオカート64

大乱闘スマッシュブラザーズ

マリオテニス64

マリオパーティ2

このあたりをエンドレスで兄弟とやってました。当然リアルバトルに発展しながら。

 

他には、

ピカチュウげんきでちゅう

ポケモンスナップ

どうぶつの森

マリオストーリー

ヨッシーストーリー

という感じにポケモン派生作品をやりつつ、どうぶつの森で日常箱庭ゲーに出会い、一方で簡単なアクションRPGもやってた感じです。SFC時代にはドンキーコングを2面で詰んでたので、多少成長。

ピカチュウげんきでちゅうは、全然マイク感度が良くなくてピカさんと満足に交流出来ず、悲しかった思い出。現在の技術で類似システムのゲームが制作されないかとずっとずっと待ってます。これからはVRや触覚センサーがありますし、それらと融合していったらそれはもう凄いことになるのでは。

 

GB時代から牧場物語シリーズもプレイしていたので、どうぶつの森と合わせて日常系ゲーム(ぼくものは経営シミュですけど)がこの頃ハマってたゲームですかね〜

シルバニアファミリーみたいなリアルお人形より、ゲームの世界でキャラクターが動いたり話したりすることに想像力をかき立てられて喜んでた感じがします。

あとは育成ゲームのレベル上げと経営シミュの繰り返し作業、どっちも徐々に確実に成果が得られるシステムが好きだったんですね。これは今でも変わってません。

ゲーム好きだけど、シビアなプレイスキル要求は苦手なぬるぬるゲーマーです

 

 

◆小学校・中学校時代〜

ここで1度ゲーム冬の時代が訪れます。

まぁ勉強しなきゃとかそんな色々な理由で...

 

とはいえGBAGBASPとしっかり触ってましたし、DSも初期型のゴッツイやつからやってます。携帯機に関しては、カラー化、バックライト搭載、折りたたみ式、タッチパネル!!の衝撃をガッツリ体験できて幸せな世代だったなぁとしみじみ思います。

 

相変わらず世代のポケモン本編はしっかりプレイしてましたが割愛するとして、

他には

ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊

ドラゴンクエストモンスターズ キャラバンハート

リズム天国

逆転裁判シリーズ

このあたりが思い出深い作品です。

 

ポケダンは今でもちょっとマイナーな名作ゲームを問われたら挙げます。見た目で敬遠するのは勿体無い!泣けるシナリオとBGMが本当におすすめです。

それにポケモン世代の方なら、きっと一度はポケモン世界に入れたらな...って妄想したことあるんじゃないかな。その願望にピンときたら、ハマること請け合いです。

次作の時・闇の探検隊も同じく非常に良作。ポケダン未プレイの方にとりあえず1作!でしたら、時闇に追加要素アリの「空の探検隊」をおすすめします。

 

リズム天国逆転裁判など、RPG以外のジャンルにハマることも増えてきました。

あとこの頃友人宅でプレイしたPSサモンナイトをキッカケにSRPGに目覚めましたが、この頃SRPGというジャンル自体を知らなかったので本格的にハマるのはずっと先に。

 

逆転裁判1〜3は言わずもがなの名作ADVです。初期の少ない音数でのBGMや、制作スタッフさんたちで収録したという素人感満載のキャラボイスも味があったなぁと思います。

最近の逆転裁判は3Dモデル化したところがちょっと苦手です。初期の紙芝居演出を逆手に取った過剰な表情やキャラ演出が好きだったし、輪郭の目立つ古っぽいキャラデザ、駄洒落レベルのギャグなど、色んな「粗」がイキオイのある面白さを引き立ててる1つだったかなと感じてたので。1番大事なのはメインのシナリオや法廷バトルの面白さですけどね。

 

 

***

 

 

少し長くなってきたので、1度ここで切ります。