読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームプレイ日記中心。ネタバレ含みます。

【ニノ国】トロフィーコンプ目指して⑤

ゲームプレイ日記

二ノ国 白き聖灰の女王 オールインワン・エディション

今回は、ついにイマージェン図鑑が大詰めです。
 

図鑑埋めが非常にしんどい段階に入ってきました。

ポケモン感覚で収集してたので、ゲットするために体力減らして状態異常、確率上げてボール投げる…みたいに努力の余地があるのと比べて、ハート出るまで完全にリアルラック任せのニノ国方式がこんなに辛いとは。
とにかくトコトコ、マンマジーヤが仲間にならないです。
トコトコはミド大陸北側にあるコートリ島で出現するのですが、狭いフィールドな上トコトコの他に出現するイマージェンも少ないので戦闘を繰り返す上で変化に乏しいです。
そのイマージェンというのがルッチ、ウッキー、はつがピックルという本編序盤を思い起こすオリバー仕様な面々なのですが、これが逆に良くなかった。
当初は懐かしいやら、まとめて出現するところにファンサービスを感じて嬉しいやらだったのですが、トコトコ探すうちに邪魔でしかなくなってくるので…そんな気持ちになってきちゃうところが辛い。
 
結局、5時間ほどエンカウントを繰り返してもトコトコに遭遇できたのは30体くらい…全く仲間にならず一時休戦。
マンマジーヤに続く2度目の挫折。orz
 
 
…行き詰まり。
 
これまで進化前イマージェンたちは進化可能レベルに達した段階でマンホールに待機させていたのですが、(進化後がコロッとハート出したときに進化素材が無駄になるのを防ぐため)ヤケになってガンガン進化
 
 
そしたら。
 
 
ーーーーーーーーーーーー
 
「ピロロン♪」
(画面右上)〜イマージェン博士獲得!
 
ーーーーーーーーーーーー
 
ここで勘違いが発覚。
 
何故だか私はトロフィー獲得条件を、
"イマージェン250種類"
イコール
"イマージェン図鑑コンプリート"
と考えてたようで…実際には90%程度ということでした。
そのためトコトコ系統なんかが1匹も入手できていずとも問題なく。そういったレアイマージェン抜いても、他の全進化後を入手しなければならないほどの厳しい条件でもなく…
 
 
脱力。
 
 
 
 
ともあれ、残るはクエスト「世界の案内人」とパンドラリーグ制覇。
トロフィーコンプに向けて終わりが見えてきました!次回で記事も最終回かな?
「世界の案内人」はニノ国全体の感想とも関連しそうなので、短いですが今回はここまでで。
 
 
イマージェン図鑑に(無駄に)時間がかかったため、プレイ時間は85時間に。
(良く考えたら合成トロフィーが達成率90%でOKなんだから、イマージェン図鑑もそうだよなぁ…)
f:id:monak8:20160412140511j:image