読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームばかりしている日々の記録。主にプレイした作品の紹介、感想を書いてます!

休憩:ゲームプレイ日記の書き方に悩み中

現在PSP版ペルソナのプレイ日記を更新中ですが、ちょっと疲れてきたので休憩です。
ブログ開始以来の高い頻度で、しかも自分の中ではわりと密に書き続けていたのでくたびれるのも仕方ない・・・


"ゲームプレイ日記"の書き方って、いくつかパターンがあるかと思う。
スクショと文章量の比率とか、文章の中身が攻略情報寄りなのか個人的な感想中心なのかとか。

色々あって、それぞれメリット・デメリットはあるんだと思います。
私は自分自身が読みたいと思うブログを書きたいなーと思いながら、現在もまだ模索中です。

はじめのころのニノ国、エスカ&ロジーに関しては、ブログそのものに慣れるため見切り発車を厭わなかった結果・・・プレイ日記としては中途半端に。
自分のプレイがたまたまその時期だったという理由でそうさせてしまったその2作にはちょっと申し訳ない気持ちもあるけど、ブログ開設前のゲームは記録されずに消えていってるわけで、それに比べればギリオッケーだよねなんて。



開設して数ヶ月経って、この後に及んでブログのグループ登録?みたいな機能に気づいて、はてなブログの中で他の方のゲームに関するブログを読むことができるようになり。


もともと自分は何かのゲーム作品をクリアし終えたとき、その作品のプレイ日記、感想、考察なんかをよく検索して楽しんでて、そんな風にゆるく共有できる情報が自分も残せたらなぁと思ってブログを書き始めた。

だけど、ゲーム作品は世に無数にあるわけで。
自分がプレイしたものをコツコツ投稿していっても、最新作や旬のものでもない限りその時他の人の興味にはならない。

加えて「相手もプレイ済み」を想定した書き方をしてしまうと、対象はより狭くなる。



少しでも読んでもらうためには・・・
今回のペルソナのプレイ日記のように、プレイしていない人にも内容が伝わるようなるべく詳細に書く必要が出てくる。


そう思って実践してみたのですが、
正直、思ったよりも大変でした。

PSP直撮りの面倒さもありますが、ゲームプレイ中にカメラを構え続けなくてはならないこと。イベントがひと段落するたび内容を書き留めなければならないこと。


詳細なブログ記事のための一手間が、ゲームプレイを阻害するような状態・・・

これは自分にとっては本末転倒。



ブログを書き始めて、考えを文章化する楽しみも知りました。
とはいえゲームをすることは、自分にとってはそれもまた純粋に楽しみたいことで。


ゲームをネタ書くブログの方が中心目的なら問題ないんですけど、ゲームを純粋に楽しもうとするなら、この書き方じゃダメだなぁと感じています。


ということで。
ペルソナに関してはなるべくこれまでと同等の内容にしたいですが、それ以降はちょっとまた考えます。


未プレイ者お断りの内容になりますが、シナリオを詳述せず感想だけを呟くとか。
少しでも有用性のある攻略情報を載せつつ、基本的にはその日のゲームプレイを徒然なるままに書き散らすとか。



自分としては、
その作品をプレイした前提で書き、読んだ人が「この人はこうしたんだー」なんていう感じで読んでもらえればいいのかなぁと思うんですけど、そのために書く情報量のコントロールが難しい。(基本書きすぎる傾向)


まぁどうするのも自由なので、色々試してみたいと思います。こんな感じで何も考えずに書いてみるのいいかもね。