読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームプレイ日記中心。ネタバレ含みます。

【ペルソナ】プレイ日記9 あきちゃんとまいちゃん

ゲームプレイ日記

前回

ブラックマーケットに閉じ込められ、元凶ハーレム・クイーンの元を目指す主人公たち。カーマ宮殿の奥で待っていたのは、香西千里だった。元の世界から内藤陽介と共に消えその後あきに連れ去られたが、自分の意思でクイーンとなり街を支配していた千里。彼女の心には友人・園村麻希への黒い嫉妬の感情があった。
鏡の力で願いを叶えて遂に魔物と化したクイーンを倒し、マキと千里はようやく素直な想いを伝えあう。変わらぬ友情。そして、現れた内藤の愛の力?でめでたしめでたし。


今回は香西千里から得た情報により、あきが住むというお城を探すところからです。

◆街を探索

ブラックマーケットを通り抜け、街の東側を自由に探索できるようになりました。

◇ブラックマーケット内

防具屋ロッサ・ガンディータにて、ハーレム・クイーンについてコメントするアヤセ。
「あんなに美人なのに香西ってなにが不満なの?アヤセは今のままでいいもん。」

シナリオには関係ないけど・・・前向きアヤセがあんまり可愛かったので。あほの子とかギャルとか何でもよくって、こういう底抜けにポジティブなキャラって好きです。欠点を難なく肯定できるのってすごい長所だと思う。

◇幽霊屋敷

入れないけど、元の世界でセベクビルだった場所に建つ洋館。セベク侵入時、研究員から噂で聞いたこともありました。確か、ビルが建つ前そこに幽霊屋敷があったとか。

ピースダイナーの客が言うには、別の世界に通じているとか?今後ここから元の世界に帰れる予感がしますね・・・


◆マナの城

ブラックマーケットから北進したエリア、御影町3丁目。元の世界では総合病院だった場所にマナの城がありました。(そういえば、こちらの世界に着いた学園でそんな話聞いたかも)

入ると早速あきがいますが、中へ続く扉を閉じられてしまいます。

アイツとアイツって誰のこと・・・?
意味深な台詞だけ残して、立ち去るあき。また扉を閉じる際、あきは台に半月型の何かを嵌めていた様子でした。

「どうも踊らされている気がするな。」
なんじょうくんはあきの行動を不審に思っているようですが、他にアテもないのであきの言葉にあった「森にいるアイツ」・・・まいちゃんに会いに行くことに。

森とは恐らく1ヶ月前まで花園だったという場所のこと。元の世界では警察署のあったところです。再びブラックマーケット地下鉄ターミナルを抜け街の西側に戻ることになります。

◇地下鉄構内

森へ向かう途中、地下鉄構内にてなんじょうくんの思わせぶりな台詞が。
「気になることがある」と言いながら、

寸止めかよ!この発言こそ気になるよ!
"考え違い"と訂正したくなるような悪い推測がたってるということ?と、ちょっと不安になります。


◆迷いの森

白い服の女の子が遊んでいるのが目撃されていた、かつての花園。

このゲームにおけるセーブポイントアガスティアの木」の森なのかな?夜桜のような雰囲気の木が森となるほど鬱蒼と生い茂る様子はリアルじゃ見たことのない景色で、綺麗だけどどことなく異様でもあります。

中に入ると、広めのダンジョン。
BGMが情緒的なしっとりした曲で、少し物寂しい感じがします。現在の物語の展開上そんな切ない要素は無いのに、そぐわないほど・・・いい曲ですが、何故だろう。

強制移動、強制方向転換床がありますが、1階層のみなのですぐ再奥へ到達できました。

再奥にポツンと、お菓子の家??

ヘンゼルとグレーテルがモチーフなんでしょうか。
中に入ると、そこにはまいちゃんが。

郷土資料館破魔の鏡を入手した際、少しだけ顔は見えていましたがやっぱり元の世界の園村麻希に似てる。そしてこの子もやっぱり、こちらの世界の園村麻希、あきと同じ赤いリボンの髪飾り・・・髪型は、こちらの世界のマキと同じに見えますね。あと、全員口元の同じ箇所にほくろがある。

この子の持つ半月型のコンパクト(マキも似たものを持ってる?)を見て、駆け寄ったマキが"あき"について尋ねます。
すると、


すると、なんとあきとまいは元々同じ人間だったと判明します。突如現れた神取が、まいの中から引っ張り出したのがあきなんだとか。それであきは神取のことを"パパ"と呼んでた訳なんですね。
"わるいまいちゃん"ということは、ペルソナシリーズ的にあきはまいのシャドウとか?

そしてまいが持つそれは、願いが叶うコンパクトだと言います。まいはこのコンパクトでこの街を造ったんだとか・・・

って創造主!?
不思議な女の子とは思ってたけど、まさか神様的な存在ってこと・・・?

コンパクトの半分をあきに奪われ、残りの半分も神取に狙われている。それでまいは身の危険を感じて、この森に隠れていたんだとか。

そんなまいに対してマキが厳しく「逃げちゃだめだ」と告げると、まいは主人公に問います。

「かくれていればあんぜんでしょ?」

「逃げるな」を選択。マキに同意し、男らしく。

「逃げてちゃ何も解決しない。たたかわなきゃ!」
と続けるマキ。まいも続けて主人公に問います。

「なぜおにいちゃんはたたかうの?」

「みんなのため」を選択。偽善っぽいですけど、ここまでのストーリーで主人公が利己的に行動しているようには見えなかったから。状況に流されるままここまできて"なんとなく"、"なりゆきで"の方が近いような気もしましたが、まいちゃんにあえてそれを答える勇気はないだけかも。


マークの方が余程はっきりした理由があります。一途に、元の世界の園村麻希を一刻も早く助けるため。


幼い子って時に残酷・・・
素朴な疑問なのか質問を続けるまいちゃん。

「おにいちゃんたち、なんで生きてるです?生きるって・・・くるしくない?」

「その答えを探すため」
そりゃもうカッコいいしそう答えるよね。それにしても、こんな質問をするなんてまるでまいは生きていないような・・・それとも神様的存在だから、生き死にとは乖離してるってことなんでしょうか。

怒涛の質問攻めでしたが、正しく答えられたのか?

まいから半分のコンパクトを受けとりました。城であきが台座に嵌め込んでいたのはこれの残り半分と思われるため、これを使えば中に入れるはず。主人公たちは再びマナの城へと向かいます。



今回、まいちゃんとの出会いで色々なことが少しずつ分かってきました。あきの正体はまいの半身、こちらの世界はまいが造ったもの。
とはいえ、そもそもまいは何者なのか?なぜこの世界を造ったのか?その理由如何では、マキを始めとする"こちらの世界の人々"の存在意義にも関わるはずです。もしこの少女が夢想しただけの世界だったのなら・・・マキたちの存在はお人形さんみたいなものになってしまいます。


▽謎:園村麻希・あき・まいのコンパクト



イベント後、マキに話しかけると彼女もまいと同じコンパクトを持っていると分かります。マキの持つものには"鏡は入っていない"ようなので、コンパクトの魔法の力の源は「」ということになりそうです。

見た目だけでなく、コンパクトまで共通項。
元の世界の園村麻希/こちらの世界の園村麻希
まい/あき
あきがまいから生まれ出た存在なら、こちらの世界の園村麻希は元の世界の園村麻希から生まれた存在・・・?だとしても、園村麻希たち/まい・あきの関係性は分かりません。

少しずつ明らかにされてきていますが、まだまだ謎ばかりです。



次回