読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームばかりしている日々の記録。主にプレイした作品の紹介、感想を書いてます!

【ペルソナ】プレイ日記11 幽霊屋敷から元の世界へ

ゲームプレイ日記

前回

まいから受け取った半分のコンパクトを奪われ、辿り着いたマナの城・最奥。そこで主人公たちを待っていた神取鷹久とついに対面する。彼は手に入れた2つのコンパクトで、より強力な混沌の鏡を生み出した。その力は絶大で、一瞬にして巨大な城、デヴァ・ユガを作り出すほど。
そして次元を超えた願いをも叶えるその力を手にした神取が次に望むのは、人類の滅亡だった。



元の世界へと帰還した神取を追うため、主人公たちは幽霊屋敷へと向かいます。
神取は恐らく帰り道の可能性を残しただろう、であるならば・・・という予想にもとづいた行動ですが、果たして。


◆幽霊屋敷

御影町2丁目、ブラックマーケット南東にある洋館が幽霊屋敷です。
その名の通り、女の人の泣き声が聞こえたり・・・

迷路のような入り組んだ構造のダンジョンで、マナの城より一回り大きく上下2マスはみ出るくらいの広さ。

1F居室にはセベクの研究者たちがいました。

主人公たちがこちらの世界へ飛ばされた時、ビルの人たちも同じく遷移してたようですね。外には悪魔が跋扈してるから、ずっとここに隠れていたのでしょうか。


2F居室では、"装置"のある部屋から女の幽霊の声がして怖くて様子を見に行けない、という話を聞きます。


そして、3F扉の前にて。



中から聞こえるのは園村麻希の母親の声・・・?
マキは「私にはお母さんなんていないってばー!」と言いますが、それなら以前元の世界で助けた(プレイ日記2参照)園村麻希の母親か。


罠かもしれないと思いながら入室すると、

やはりそこには魔物。だけど、その魔物の声が・・・

もしかして本当に園村麻希の母親なのか?


戦うべきか、戦わざるべきか、悩む主人公たち。


プレイヤーとしてもすごく悩みましたが・・・

ハリティーと戦わないを選択。
もし罠→不利な状態で戦闘開始という展開になっても何とかしてやる!と意気込んで選びましたが、結果・・・

やっぱり魔物の正体は園村麻希の母親。よかった。


元の世界で主人公たちに助けられた後(?)保健室にいて、幽霊屋敷の夢をみていたとか。なぜ魔物化していたのかは分かりませんが、これもまた神取が混沌の鏡で引き起こしたことなのかも。



一息つく間もなく、次元通路が消えかかっているため一刻も早く元の世界へ帰らなくてはならないとのこと。不安定な状態の通路を支えるため、装置を操作する役として麻希の母親がこちらの世界に残ることを買って出ました。


出発直前、異なる世界とはいえ母親だという彼女に話しかけるマキ。


あくまで「おばさん」と呼ばれ、複雑そうにみえる園村麻希の母親。
「おばさんの"麻希ちゃん"」と目の前にいるマキ、彼女の目にはどう重なってみえるのか。



そして、主人公たちは元の世界へ。



◆元の世界・・・

到着したのはデヴァシステムルームでした。主人公たちがはじめに異世界へと飛ばされた時いた場所であり、先ほどの幽霊屋敷と位置的にも重なる場所。

辺りを見回すと、デヴァシステムの開発者・ニコライ博士の姿がありました。あの時、システムの中で自らと共に神取を消滅させようとしていたニコライ博士。神取はあきの力で異世界へと転移していましたが、博士は元の世界に取り残されて無事だったようですね。

しかし、どうも様子がおかしい。

正気を失ってる?片言だし・・・以前神取に抵抗していたのとは逆で、まるで神取の野望に賛同するような口ぶり。


とそこに、神取の姿が。ニコライ博士はもはや神取の分身だと言います。

つまり神取は、混沌の鏡の力を使って既に全人類を洗脳し始めているということ。

「あとはただ一言、お互い殺しあえとでも命じれば事は済む・・・」

そんな恐ろしい言葉を吐く神取に、「なぜ人を消したがるの!?」とマキ。すると、

マキは、神取が自分の名前を知っていたことに驚きます。それに滅びを拒むマキの言葉を、彼が意外そうに言うのは何故なのか・・・

「鏡の力は万人に及ぶ。お前達とて例外ではない。」

挑発的な言葉を残し、神取の姿は消えてしまいました。



このまま神取の好きにさせれば、いずれ自分たちも洗脳され人類は滅亡してしまう。
しかしそれよりも、 神取が"マキ"について何か知っているような素振りをみせたことが気になります。
まいちゃんが造ったというあの世界で、まいちゃんとよく似た容姿のマキは何者なのか・・・2つの世界の真実、2人の園村麻希とあき&まいの関係性がまだ明らかになっていないことを再確認させられました。



ただもう、なんじょうくんには全て分かってしまったみたいです。

例のごとく何も教えてくれませんけど・・・

次回