読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームばかりしている日々の記録。主にプレイした作品の紹介、感想を書いてます!

【アガレスト戦記】プレイ日記10 第3世代(トーマ)感想

ゲームプレイ日記

前回

第3世代クリア!
2世代目より時間がかからなかった気がするのは、ようやく本筋が動き出す予兆がみえて先が気になったからかも。

舞台は半分を氷に覆われたフェンディアス大陸へ。
ヒロイン候補ダークエルフ(姉)清純派病弱エルフ(妹)元気系冒険娘です。

第3世代〜ラディウスから"トーマ"へ


で、問題の主人公がこちら。見かけ完全ホスト
典型的な女に弱い三枚目、ウィンフィールドに教育された結果です。互いを"兄弟"と呼ぶ間柄で「兄者!」「弟よ!」なんて言い合ったりして、終始コメディやってましたね。
一応フォローしておくと、普段の軽薄な態度は宿命のため誰か1人を愛して傷つきたくないから、仲間を心配させたくないからとプロフィールでは説明されてます。実際シナリオでも戦争状態になれば優れた判断力を見せたり、流石に主人公として決めるとこは決める。でも個人的には苦手

武器は槍、能力は申し分ないが、エクステンドエリアがトーマの後ろに広がる形で前衛同士では組みづらかったのがマイナス。
あとラディウスは鎧で気づかなかったけど、レオンハルトからネックレスも引き継いでるのね。*1

2世代目の古の森で会ったリュレントの長老ミスルカヌイの話を元に、契約の腕輪について聞くためエルフの住む場所を探します。


◆シナリオ概要・感想

大まかなあらすじは、やっぱりとある国の元首が闇堕ちして・・・って話になるんですが、それよりも契約の腕輪関連が今回のメイン。闇を倒す装備を集めるRPGっぽい旅?
今思えば1・2世代は戦記ものらしく、3世代目は主人公が軍属でないのもあってその色は薄れてます。

◇ハスカリヌの鎚を求めて

辿り着いたエルフの里で、ハイ・エルフである里長のメルビスに話を聞き、色々と明らかになりました。

まず契約の腕輪は、かつて暗黒の魔王サマリルが力の源とした魔器の中でも最も強力なもの、その名もダーク・クリムゾン。(再び封印を施すかサマリルを倒す以外で)ウィンフィールドの呪いを解くために、腕輪を破壊する力を持つという魔器ハスカリヌの鎚を造ることになります。

材料集めと同時に造り手の勧誘に向かった一行は、
腕の立つグリアーズのガンツ
仕上げの才に秀でたネルスのプラム
を仲間に。

プラムちんまいかわいい!けどトーマの軽口にもノリノリで、ほんわかした見た目に反してちょっと暴走系かも。ガンツはゴリゴリのおっさんなので省略

材料のうちの1つは他の大陸で探すしかないものなので、今回は途中まで。

そういえば鎚を造る工程で、最後にハイ・エルフの血に浸せば・・・と言ってたのが気になりますね。エリスしかいないじゃないか。


それから、黒の騎士の正体も判明します。あれは元はラルヴァ*2で、サマリルの力に支配された結果操り人形と化したグルグらしいです。サマリルの手先というか、手足そのものだったんですね。これまでの黒騎士の様子から、個々の意思ある存在じゃなかったのには納得。

◇闇堕ちミダスがむっちゃ強い!

自国を大陸一にしたいという野心につけ込まれ、力を得る代わりに娘共々呪いをかけられたミダス。きっかけは本人にあっても、呪いで魔物に脅迫されてる面もあり、1・2世代の悪役と比べると少し可哀想なキャラです。

娘のナスターシャがまた可愛いんですよ・・・

腕の紋様かは呪いの証なんだけど、個人的にはあったままの方が好き。褐色肌にタトゥーっていいよね

まぁでも、彼女はアルベルティっていう新キャラの恋人なんです。

若くして近衛兵団長である彼の要請もあり、主人公たちはミダスの暴走を止めることになるという流れ。

で、このミダスが終盤BOSSになるのですが、これがむっちゃ強かった。

・HP5万超え
・毎ターン6000回復
・必殺技が横3×奥4マスくらい
・カウンター持ち

・・・ちなみにこちらはHP1万超えもしてないし、下手したら魔法キャラは6000も無いよ。必殺技は当たれば即死です。

全技記録してないので詳細不明ですが、アイテム使いまくりの死にまくり。ギリギリの撃破でした。オーバーキルなんてむりむり!*3
元々ぬるい雑魚戦とキツイBOSS戦ってゲームですが、今後これより強くなると思うと不安・・・


あ、ミダス打倒後には宝窟にて、ハスカリヌの鎚の材料の一つ無氷の霊水をゲットしましたよ。

今世代の新キャラ加入(ヒロイン以外)は、上記のガンツ、プラム、アルベルティで全部です。

※禁断の書②の利用

盗み役としてシェルファニール、あとラディウスを一応主人公なので召喚しました。シェルファニールのみスタメン起用中。


◆ヒロイン候補感想

◇ラヴィニア


エルフの村へしぶしぶ道案内をしてもらい、流れで仲間になった彼女。ハイ・エルフの里長メルビスと、ダークエルフの母親の元に生まれて幼少期から仲間に忌み嫌われてたとか・・・主人公たちと会う前は村からも追放されて、人間からも迫害されて、一人で暮らしていたところ。
生い立ちのせいで粗野な言動ですが、中身は純情系。トーマがちょっと本気で口説くとあわあわしますまぁでも衣装変態すぎないかな

序盤に仲間になるので、しばらくは使用。エクステンドエリアは悪くないけど、能力値が物理魔法どっちつかずでもったいないかな?

◇ファイーナ


エルフの里で出会ったラヴィニアの妹。この子はハイ・エルフの血を濃く継いだので村人から大切にされて育ったらしく、お嬢様!ってキャラです。時折倒れるほどの病弱で大食い(この設定要ったか?)なんですが、まさにエルフってビジュアルで良いですね。
お嬢様らしく世間知らず?で口の軽いトーマの態度にも最初から好意的で、騙されちゃだめ!!って見てるこっちが不安になるキャラ。いやトーマは本気で悪人ではないけどさ・・・

ユニットスロットがザ・回復役。うちのPTの魔法系、基本はエリスとヴィ・ラ=ロアで埋まってるんですが中BOSS戦で盗みより回復を優先したい時、シェルファニールに代わり参戦させました。

◇ノア


ダンジョンの中で出会った冒険家の女の子。一人称「うち」、スカしてるトーマに初見から"トンマ"って呼ぶのは笑った。
とにかくあちこち冒険するのが好きで、その話を自分が育った施設の少年に聞かせてあげるっていう良いお姉さん的側面も。
トーマの軽口には動じるでもなく笑って返すサバサバ系。そんなことよりさ〜とか平気で言っちゃう感じで、トーマの方が彼女の"好きなように生きる姿"に考えさせられる場面も

戦闘では、加入時よりスタメンに!AP多くて動かしやすいのと、EX2*4で攻撃力底上げすれば火力もでる?かな?


◆ノアと結婚!


今回はトーマのキャラが濃かったせいか、誰と結ばれるのが一番幸せなんだろ・・・?とか考えちゃいましたね。こんなの初めて。
ノアを選んだのは、彼女とならトーマもありのままで生きられるかな〜と思ったから。ノアちゃん強いから、守ってあげなくても大丈夫そうだからね。トーマみたいに難儀な性格な奴は、底抜けに明るい娘に振り回されるくらいがちょうど良いんじゃないかな。

まぁ結局、自分が一番好きなキャラだったというのもあります。



◆そして第4世代へ・・・

◇やっぱり怪しいバシュタールが気になる

記憶喪失でラディウスに拾われたバシュタール、記憶が戻りつつあるのか?
今回のラスボスがドゥルガ(完全体のラルヴァ)なのですが、それらについて知っているような素振りが少し見えた。博識な種族のアルボル、ヴィ・ラ=ロアでも知らず、超越ポジションのディシャナしか知らないようなことなのに・・・
またドゥルガに対して、何故か怒りを見せる場面も。その時のセリフ「偽りの闇が語るな」「自分は本物の闇を知ってる」(みたいな感じ)も意味深。
仲間は特に気にしてませんが、ディシャナだけはそんなバシュタールを注視しているようです。

・・・普段ふざけてるトーマが、いざという場面で戦略上見事な判断を下した時、こんな表情も見せたバシュタールを、疑いたくはないのですが・・・


それからゲーム内容とは関係ないですが・・・

◇悪いのはPS3?ソフト?動作不安定

戦闘での遅延が頻発するようになってます。
初めてはディロール雪原での雑魚戦かな?戦闘開始しばらくして、音声動作ともにプツプツ途切れた処理落ち状態になりました。その後、マップへ遷移するロード時にも音が途切れたので、一度セーブしてしばらく休憩したら収まりました。

原因は長時間プレイ(継続10時間ほど?)なのか、本体経年劣化か、ソフトなのか不明です。フリーズ、データ破損とかなければ別に支障ないですが。

次回

「アガレスト戦記」プレイ日記一覧

★ゲームプレイ日記・感想記事まとめ

*1:2世代目以降主人公の使う武器はソウルブリードの結果次第で変わるが、立ち絵ではレオンハルトの剣を引き継いでいて、シナリオパートのドット絵でも剣を振りかぶる

*2:神、精霊と呼ばれる別次元の存在。ボーグナインもこれ

*3:このゲームはオーバーキルするとレア品がドロップする。特にBOSSドロップは貴重なものが多い

*4:エクストラスキルの略。3つあるキャラ固有の必殺技