読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームばかりしている日々の記録。主にプレイした作品の紹介、感想を書いてます!

【アガレスト戦記】プレイ日記3 セリアムの少女フューリアと、その兄ゼルヴァ

ゲームプレイ日記

※タイトル訂正
×セリアム→○シリアム

前回

エリスの案内でエルフの村へ到着した主人公たち。長老テオノールとの会話から、エリスはこの大陸で唯一のハイ・エルフであると知る。
また、ヴィ・ラ=ロアという未来予知を生業とする女性と出会い、彼女の予見を聞いたテオノールから「奪われた契約の腕輪を取り戻して欲しい」と依頼されます。
それは、世界を滅ぼしかねない危険な品物なんだとか。
ディシャナの勧めもあり、レオンハルトは腕輪を探すことに決め、ディシャナとエリスもそれに同行することを申し出ました。

まず、一行はミマス(エリスが戦乱に巻き込まれた街)へ向かうことになります。


◇フィールドマップについて

(今更ですが)こちらがフィールドマップ。

ゲームのシステム説明になりますが、初回移動時はオレンジのマス1つにつき1戦し、クリアすると先へ進めます。2度目からは青マスとなり、フリーバトルが出来るように。
ダンジョンマスというのもありますが、それはまぁ割愛。

ブログでは今後もシナリオイベントにしか触れませんが、途中ザコ戦してるよーってことです!

また、ここでエンチャントフィールドが解放されます。
バトルフィールドをプレイヤーが選べる、という今作の戦闘の2つ目の目玉?のようです。が、現時点では初期フィールド以外の選択肢が解放されていないので意味なしでした。

◇無料DLC「幸運のお守り」

前回無料DLCの武器防具アクセは使わないと書きましたが・・・
ドロップ率を上げる幸運のお守りだけは装備しておくことにしました。
効果のほどは不明ですが、アイテムドロップ粘ってもプレイ時間が延びるだけなのでこれはアリかなと。

現時点で最もLUC高いヴィラロアが装備
既存装備よりRST AVDが大幅に上がってしまいますが、(後衛で被ダメ率低いし)セーフということで・・・



ミマスに到着すると、そこは炎の海。

グリダマス兵士たちとの1戦目を終え、残るはこの一帯だけ・・・と、そこで囲まれている少女を発見!

エリスの時と同様に、割って入るレオンハルト
対峙した先遣隊隊長から「裏切り者のレオンハルトが消えてから軍律が厳しくなった」と恨み言を言われたりします。
「その業をも背負って戦う!」ということで戦闘に。


で、戦闘終了後。

助けても感謝されなかった。(エリスと違う・・・)

彼女の名前はフューリア
先見で周辺地域の情報に通じているヴィ・ラ=ロアは彼女の事情が推察できるようで、
「見たところシリアムのようじゃが、弔いか、復讐のためか、それとも単なる腹いせか」と。

シリアムって新しい種族名?が出てきましたが、エルフとは違うんですかね。耳などの容姿は似てますが、エリスやテオノールと比べると肌が青白いような。好戦的な性格は種族的特徴なのか、この子の性格なのか?


そんな彼女を、戦力として同行させようと提案(命令?)するディシャナ。
彼女が言うには、闇の軍勢がグリダマスと手を組んだ。レオンハルトには闇を封ずる使命があるので、そのためには多くの力が必要だと。

この辺りがはじめに交わした「魂の器」の契約の中身、なんでしょうかね?ディシャナは直接説明してくれないので察するばかりですが・・・。


一方、使命であるなら闇の軍勢とも戦うつもりだが、目下の脅威としてグリダマスをなんとかしなければ、と話すレオンハルト
フューリアにも、強制はしないが共にきてほしいと伝えます。そうでなくとももう一人で戦うなと。(おとこまえー)

で、


たらしこむ。


フューリアちゃん1デレ!

完全に口説いてますよね。レオンハルトの天然ジゴロっぷり、ギャルゲーやってるかと錯覚するレベル。


とにかく、街の人を避難させるため近くにある北の街ピュトへ。


参戦したフューリアちゃんは、双剣使いで機動力が非常に高いユニット。攻撃、魔攻ともにそこそこですしザコをどんどん切り崩していってくれます。(打たれ弱いけど)

前衛:レオンハルト、ボーグナイン
中衛:フューリア
後衛:エリス、ヴィ・ラ=ロア

という感じで、だんだんパーティが充実してきましたね。



ピュトに着くと、何やら不穏な空気を感じ取るエリスとボーグナイン。

ハイ・エルフの魔力が敏感に察知するんですかね。(ボーグナインはエリスの召喚獣だから?)

って、
なんか左下の枠にフューリアちゃんいるんですが!!
これ、好感度メーター的なものっぽいです。ということは他の女の子たちは対象外ということ・・・?幼女なエリスはさておきヴィ・ラ=ロアは・・・!?涙


と、とにかく・・・
そこにテオノールからの伝令が現れます。
伝令内容は、「砦に向かった者たちを止めてほしい」とのこと。
ピュト含め周辺の村の民たちが、恐らく軍の策謀により狙って蜂起させられている。到底勝ち目はないので止めてくれ・・・ということらしいです。
どうやら腕の立つ傭兵がいることと、シリアムの若者が扇動しているのが原因。

それを聞いて

(兄さん!?)と密かに驚くフューリア。
"扇動するシリアムの若者"がそうなのかな。妹もツンツンしてますが、兄もなかなか突っ走り系っぽいですね。

一行は、急いでゼルザガン砦に向かうことにします。


◆ゼルザガン砦(救出戦)


到着するなり1人で乗り込みそうな勢いのフューリアに、例によってレオンハルトの殺し文句が炸裂したりしながら、兵士たちと戦闘に。

一戦終えると、そこにはフューリアの兄・ゼルヴァ傭兵???が。

グリダマス軍人として名の知れているレオンハルトを見るなり、フューリアを人質をとっていると誤解され戦闘になってしまいます。


で、ここまでは全く戦闘苦労しなかったんですが・・・


1ターン目、ボーグナインがしぬ。(パーティ中防御力NO.1)

2ターン目、レオンハルトがしぬ。(パーティ中防御力NO.2)

ゼルヴァ、傭兵???共に攻撃力がむちゃくちゃ高い。そして連携、集中砲火。相手はしぬ。

これがこのゲームのBOSS戦、ってことなのか・・・?ザコ戦と難易度違いすぎるんですが!?

ともかく
蘇生アイテムで何とか体制を立て直し、各個撃破!とゼルヴァをまず撃破
あと一息だ!!

と、思ったらまさかのそのターンで戦闘終了でした・・・

ゼルヴァ撃破が勝利条件だったんですかね。こうなると逆に残念な気もしたり・・・


また、傭兵???を撃破できずドロップ取り逃がしたかなとも思いましたが、このまま進めることにします。

去り際の独白から、再登場しそうな予感がすごくある。
ゼルヴァが突っ走ってるのに対し、この傭兵は飄々としながらも冷静に戦局を見ていたように伺えましたし、期待値の高い人物ですね。


ところで、右下のフューリアちゃんが怒り顔になってるのは気のせいかなぁ・・・

次回

★ゲームプレイ日記・感想記事まとめ

「アガレスト戦記」プレイ日記一覧