趣味:ゲームって言いたい!

ゲームばかりしている日々の記録。主にプレイした作品の紹介、感想を書いてます!

【アガレスト戦記】プレイ日記7 エレイン加入、露天風呂、グリダマスへ!

前回

前回のプレイ日記から1ヶ月以上あいてしまいました・・・プレイ自体も止まっていたので、記憶が薄らいでます。ヤバイです。

さらに説明書を読んでたら、
"ヒロインを選んで次の世代進むと次の大陸へ"
"大陸は全部で5つ"
と書かれており、このゲーム、5世代まであることが判明。このペースだとプレイ日記50とかなりそうなので、2世代目以降はサクサク進めていきます。(シナリオそんな重要なゲームじゃないって、1世代目で分かったし・・・)



ゼルザガン砦に移動し、レオンハルトたちが率先して指揮系統を叩くことになります。
善戦する辺境の民に、狼狽えるブラッハム。
傍に控えるラージェンは冷静ですが、やっぱり立場上戦わなければならなそう。

2人と対面し、戦闘になるのですが、どうやらブラッハムはレオンハルトの父の因縁の相手とのこと。家が没落した原因っぽいですね。
一方、やはりレオもラージェン様には一目置いてる様子。

ちなみに戦闘は、ブラッハムを倒すと終了になってしまいます。(アイテム盗みのためやり直し)

戦闘後、ブラッハムに投降を促すも、逃げられてしまいました。ラージェンはというと、あくまで"捕虜として"レオたちに同行することに。国を裏切らず、しかし正しい道をとる賢明な人物ですね。

そして、

駆けつけてきたエレインが仲間になります!最後のヒロイン候補
レオンハルトより高貴な身分っぽい女性騎士。羽兜が戦乙女って感じでカワイイです。


ヒロイン候補3人の中では、一番戦闘向きかな。フューリアは物理か魔法か悩む能力値、ルアナは盗み担当って感じだったので。
前衛が薄いので、パーティ入れ替えしました。(ウィンフィールドOUT)



ミュダスの門(攻略戦)へ。
捕虜(仮)のラージェン連れて攻め入ります。

と、そこに立ち塞がったのはブラッハムと・・・

カシバル!!
レオンハルトの元副官(覚えてますか・・・?)です!
普通なら、隊長が軍を抜けた連帯責任で前線に出てこられるわけもないが、レオンハルトと戦うために辛酸を舐めてもここに来たよう。

倒すと、ブラッハムはまた逃亡。
カシバルは最期に「王を、民を、よろしくお願いします」とレオに託して死亡します。



戦闘を終え、ここで一度状況を確認する主人公たち。

どうやら黒騎士は、人ならざるもの・・・?
ボーグナインは「同胞のにおいがする」と。ヴィ・ラ=ロアはそれを聞き、彼の本性は人と別世界に存在する神なのだから、そうだとすると黒騎士も・・・?と危ぶみます。

またラージェンによると、状況が急激に悪化したのは辺境地征圧が始まったここ最近のことだとか。ちょうど同時期にウィンフィールドが契約の腕輪の封印を解いたから、そのせいではと推測されました。

まぁでも、現時点で謎は解決せず。

ミュダスの門を抑えてもグリダマスは交渉に応じようとしないため、プレウロンを攻めることに決まりました。


◆サブイベント

◇エレインと会話イベント

幼少の頃の話を聞きます。
エレインが言うには、幼い頃出会ってるというのですがレオンハルトは覚えていないよう・・・

レオンハルトの屋敷で催された宴に招待客として来ていたエレイン。飼い犬に襲われたところ(子供の目には魔物に見えたとか)をレオが助けてくれて、エレインの心には強く残っていたみたい。
で、実はその経緯を見ていた両親により許嫁にされてたとか・・・

エピソードはありきたりな感じですが、一途なエレインは可愛い。



城塞都市プレウロンに到着すると、街の中はゴブリン、オーク多数。統率するガーブルを狙って突破していくと、ブラッハムと戦闘に。

魔器の影響で狂ったブラッハム、なんか顔が緑色になってますが・・・
契約の腕輪を着けてしまったウィンフィールドも、放っておけばいずれああなるとか・・・

そしてどうやら、闇の軍勢(ゴブリンやオーク)を創り出す者がいて、黒の騎士はその手先のよう?
闇の盟主はまだ目覚めないとしても、確実に闇が迫ってきている現状。

ブラッハムと同様に、グリダマス王も魔器で狂わされていると考え、一行はついにグリダマスへ!


◇露天風呂イベント


一応、覗き(ウィンフィールド発案)を止めるか止めないか選択肢でたけど、まぁ止めないよね。

次回

「アガレスト戦記」プレイ日記一覧

★ゲームプレイ日記・感想記事まとめ