読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味:ゲームって言いたい!

ゲームばかりしている日々の記録。主にプレイした作品の紹介、感想を書いてます!

「AKIBA'STRIP2」トロコン!脱衣と秋葉原をゆるく楽しむバカゲー

「AKIBA'STRIP2」(VITA)をトロフィーコンプしました!
だいぶ前にフリープレイで配信されて1周だけ遊び、雫ルートと妹エンドを迎えたところで放置してたソフト。(トロフィー履歴見ると2014年秋以来、ですね…)

最近のゲームプレイ「Valiant Hearts The Great War」、「Everybody's Gone to the Rapture-幸福な消失-」、「gone home」と良質かつ比較的重めの話が続いたので、粗があっても軽い気持ちでプレイできる作品を探して再開してみました。
その目論見にガッチリはまり、トロフィーコンプも達成できて個人的にはすごく満足しています!

余談ですが、食事でも美味しいものばっかり続くと次は粗食を口にしたくなりませんか…?

本作のウリは

ですが、加えて

  • 単純な戦闘システムをシンプルに脳死プレイできると楽しむ心

を用意できる方にはおすすめできるかなと思います。

プラチナ取得時間も25時間〜と短め。
(私は余分に周回して、それでも30時間以内でした)

PS3・VITAで発売され、その後PS4DLC全部入り版として移植。
今冬クールには前作がアニメ化されていたようで?その記念パッケージ版も2月に登場していたようです。


◆STORY

主人公の少年は人体実験の被験者として人造吸血鬼に改造されてしまうが、実験後に処分されそうなところを謎の少女により救出された。秋葉原の自警団に加わった主人公は、秋葉原にはびこる魔該者との戦いを繰り広げる。
(Wikipediaより)

一応載せてみましたが、そんなに期待できる内容のシナリオではないです…
サブイベントをこなしつつ進めた1周目でも、15時間くらいの低ボリュームですし。

また、ヒロイン4人とのマルチエンディング制(+別枠で妹EDあり)なのですが、そのうち3人は共通ルートから分岐した後もほぼ同じ流れ。
2周目以降は引き継ぎやスキップ機能が充実していることもあり、3時間ほどで周回できてしまいます。(トロフィー取得目的ならメリットですね)

ちなみに各ヒロインルートを攻略、全4つの難易度でクリアするトロフィーがあるので、トロコンのためには最低4周が必要。


◆感想(難易度ヲタク攻略、秋葉原散策とか)

トロフィーコンプ後のプレイレコードはこんな感じです。

「連続チェイン数200」のトロフィーは別データで取得しています。
"はじめから"を選択し、防御コマンドを指南するチュートリアルだと敵が殆ど攻撃してこないので楽。連打する指だけ疲れます。

他、今作のトロフィーで最も難易度が高いのは、

  • 難易度ヲタクでクリア

かと思いますが、装備ALL999(パートナー分も)用意するのは大前提。装備品で上がるのは耐久値だけなので、これでも雑魚に囲まれタコ殴りにされるとあっという間に死にますが、囲まれないこと、カウンター攻撃を主体にすることを心がければいけると思います。
しかも本作のカウンター攻撃は、敵の頭上にタイミングが表示されるので非常に易しめ。もしそれでも難しければ、闘技場なりでレベルを上げると攻撃・防御の数値が上昇して楽になります。

装備品を鍛えるための金策は、2周目以降にEASYで開始→闘技場制覇→駅の改札から「秋葉原を去る」を繰り返すと1回40万ほど稼げます。

ただ一つ、難易度ヲタクはできれば志遠ルート以外でやるべきかと…!他ルートに比べて終盤の敵が多く、辛いです。ネタバレ?かもしれませんが、「TOX2」のバッドエンドみたいな展開になるので。簡単さでいえば雫orRinルートがおすすめです。


装備品は、頭・上服・下服、更にはモーション、インナーまで付け替えられます。
めちゃくちゃ種類があって、どれでもMAX鍛えられるから選び放題なのが楽しい。
トロコン目指そうとすると、まずは序盤の装備を鍛え続けるのが効率的ですが…

あ、ちなみにとあるサブイベントをこなすと女装が可能になり、2周目以降はメインやモブキャラの顔で遊ぶことができるんですよ。
私はこんな感じでショートカット女子で…

下服は「キングスパンツ」っていうの履いてるんですよ!頭の悪い人には見えないアレです!

…ネコ耳あたりにめっちゃ趣味でてますが。

ヒロインたちの服も着せ替えられます。

右手の青い服の子がメインヒロインの刻風雫。ゲーム内キャラの衣裳をそのままなんでわりと安直です。
左手のRinちゃんは、厨二キャラでアイドル活動もしているツンデレ娘。ほぼデフォルトの格好ですが、志遠さんのモーションになってます。
この子、主人公のこと「下僕!」って呼ぶので、高圧的な感じがすごい女王様感でててハマってると思う。


秋葉原の街並みはこんな感じ。
駅前とかだけじゃなくて、裏通りもあるので面白いです。別会社の作品だけど、このグラフィックでのシュタゲとか見てみたかった!

この先の紙風船ってお店とか、昔よく行ってました(小声)
主人公が着てるのは、カティ・ライコネンっていう子のデフォルト衣装です。
ヒロインではありません。

こんっっなに可愛いのに!!!

ゲーム内にはメイド喫茶もあり、メイド服は装備品でも数パターンあるのですが、カティちゃんの裾丈長いクラシックなタイプが一番可愛い。刺繍とか細かいし。


お店は実名登場も多いので、もし秋葉原に行ったことがない人でもリアル感はあるんじゃないかな。ソフマップなんかは、店内に入るとテーマ曲も流れます。

個人的に馴染みのあるところだと、秋葉原に行ったら必ず寄る!TRADER本店。
ここで買うジャンク品ソフトは問題なく作動することが多い気がする。

女子高生(くま)に着替えてみました。

UDXなど、いくつかある街頭モニターでは他会社のゲームの宣伝も流れてたりします。日本一の「ディスガイア4R」、スパチュンの「MIND≒0」とか。

これは積んでるファルコムの「閃の軌跡」、早くやりたいなぁ…


・・・なんだか感想というにはふわっとしてますが、気楽にプレイできる作品というのは伝えられたかな?笑

ぶっちゃけあんまり出来のよくない戦闘システムについては省きましたが、◯△◻︎で事足りる戦闘で、QTEはやりやすいぶん爽快でもあります。例えるなら、戦国BASARAのアクションみたいな。(より簡単で、別方向におふざけ度が高いですが)

また、脱衣アクションということでエロ的な方面を期待することもあるかもしれませんが、それに関しては残念ながら…
必殺技を決めると敵のインナーまで剥ぎ取れますが、このグラフィックレベルでは、びっくりするくらいエロさを感じられません。
需要を満たせそうなのはヒロインたちの脱衣CGくらいかな?個人的には、とあるルートでの百合的な展開のCGが一番エロティックだったかなぁと思います。


ともあれ、重たい作品が続いた後をリフレッシュできたので満足です!
こういう俗っぽい作品(褒めてる)って私は大好きなんですが、なかなか購入には及ばないのも事実なのでフリープレイで遊べたのは嬉しい。