趣味:ゲームって言いたい!

リアルで語れないゲーム感想を好きなように書いているブログ。

【FE新紋章】プレイ日記(2)8~11章

前回6章外伝までプレイ中、とまとめたんですけど、実際には7章攻略の中断セーブっていう状況でした…。
ということで7章、プレイ日記では飛ばします。

前回
monak8-game.hatenablog.jp

余談でうたわれるもの 散りゆく者への子守歌」の感想も少し。

ユニット育成状況(7章クリア時点)

何度か出撃させて育成しようとしてるユニットは、現時点でこんな感じ。

シリウス(LV5)、マイユニ(LV14)、ユミナ(LV14)、シーダ(LV12)、マルス(LV10)、セシル(LV10)、カチュア(LV10)、ジュリアン(LV10)、リンダ(LV9)、ユベロ(LV8)、ロディ(LV8)、ルーク(LV8)、ライアン(LV8)、バーツ(LV6)

小隊優遇でどうしてもソシアル過多、槍過多なのが懸念点。
剣士枠でサムト―orナバール、はたまたラディか。顔だけならラディが良いけどお話的には前者選びたい…。
オグマ隊長も出来たら育てたい!傭兵、ソシアルとは兵種系統異なるし。

あといつもノーマルで遊ぶ時はアーマー軽視してしまうんだけど、今回(ハード)も育ててないが大丈夫かな…?

それから前回記事の最後に書いたロディへたれた疑惑ユベロ弱い疑惑についても書いておこう。

まずロディ。小隊のソシアル仲間と比較すると…
(ステータスは【力/魔力/技/速さ/幸運/守備/魔防】の順)
ルーク(LV8)11/0/9/10/9/9/0
ロディ(LV8)9/0/9/11/7/8/1
セシル(LV10)7/2/14/13/10/7/0

ルークに辛うじて勝ってるのが技1ポイント(と魔防)。
この三人はそれぞれ強みが異なるソシアルとだんだん育って分かってきた。
ルークがパワー守備型。セシルがシーダみたいな非力技速さ型。ロディは…技守備型、だったのかな。
ルークの技の伸びが良かったのかロディがヘタれたのか分かんないけど、三人並べると強みが見えないロディが弱く感じる。

次にグルニア王子ユベロ
マイユニ除く魔導士で比較すると…

リンダ(LV9)0/5/10/13/13/2/5
ユベロ(LV8)0/4/3/8/10/3/3

え、ユベロの強み、何…?
女性ユニットらしい技速さ型のリンダに対し、男だからと魔力や防御面が秀でてるわけでもない(ショタだからかなぁ)幸運も負けてるし…。

愛で乗り切るかスタメン落ちさせるか、瀬戸際ですねー。
魔導士枠は、前作キャラのマリクも出てくるだろうし!

8章 ソウルフル・ブリッジ


中州に取り残された挟み撃ちマップ。
南にアストリア隊、砦を守るはジョルジュ隊…って、北東にはハーディンが!!!

すっかり闇堕ちなされてますね…(FEHで見た風貌)
そしてグラディウスを持っている、と。

闇のオーブがあるためハーディンには手出しできないとのことで、そっちは無視して下からの増援に耐えつつ砦に向かう。

開始時にカインが合流して、マルスで村訪問でバヌトゥ。最後にジョルジュマルスで会話で戦わずに仲間に。
それから道中には、シーダロジャーを”愛”で再勧誘。笑 

スタートして、まずマルスは村へ→それからすぐに北の砦に向かう。
シーダがロジャーに向かうのと同時に数人は北へ進行。数人は南の増援を橋で抑えつつ、北進組は弓兵撃破。マルスを踊り込みで急いで砦に向かわせないと、アストリア隊が動き出すとこでした…。
必死に砂漠へ逃れる状況の如く、まさに逃げるようなクリアだった。マップデザインと状況が噛み合う面白さ!ってこういうのだなぁ。

9章  魔道の聖域


砂漠面。敵は魔道士だらけ…弓兵居ないのは優しいが、斧持ちドラゴンがペガサスの相手に厄介。
地形に合わせてシリウスドラゴンナイトに変更。それからそこそこ育ったユミナを魔道士にして、マリーシアを回復要員2軍としてメンバーにしました。

飛兵で速攻盗賊倒した後は、ペガサス手槍で魔道士を釣りつつ、歩兵全員右の橋から進軍。
エッツェルが別のキャラを攻撃に向かって下方に移動し、村方向に進んだマルスと入れ違い…説得に手間取った結果、マルスが村→城へと移動する途中にアストリア隊の追撃を許してしまった。

最後は人の壁…。カジュアルモードとはいえなるべく離脱無し目指してるんですが、ここはどうしようもなかった。
ただ、いい感じに左の砦においたパオラでアストリアだけが釣れて、残りの兵士全部倒せた!経験値うまうま

村訪問ではミネルバが加入。

ミシェイル兄さん。前作では野心溢れた敵としての姿しか見られなかったけど、今作ではすごく魅力的なキャラになってる。

あ、ブーツは即ジュリアンに使用しました。踊子と悩んだが、盗賊も腐らないよねきっと。

10章  魔道士二人


カダインにて相争うマリクとエルレーン。
ウェンデル様で説得できるというが、全く育ててないぞー。

囲まれマリク救出に、たまらずレスキュー使用
それから真ん中のウォーム持ちをペガサス手槍と踊りのヒットアンドアウェイで倒しつつ、隊を左右に分けて進軍。そして盗賊2人には外の宝箱回収に向かわせる…って、散会行動させるのが楽しい面だった!

エルレーンは闇落ちライバルかと思いきや仲間入りでびっくり。でも良かったね。

10外伝  仮面は笑う


これが噂のローローハウスか!!
敵が全部ローロー。毎ターン増援(ハードなので即行動)。増援もみんなローロー。ウキキ!

デビルアクスが即死級。なかなか苦戦して、メンバー色々変えて挑戦しました…。
まずはいつものメンバー…は、槍に寄ったソシアル&ペガサス軍団で厳しい。
次に育ってないけど剣のレベルの高さでオグマを選んでみたり、はたまた守備高魔道士エッツェル入れてみたり…。
マイユニ魔道士は攻めでは頼もしいが、守りきれないと一発アウトになるので外してみたこともあった。

最終的に、ソドマス、剣士最大数出撃兵種変更で対応。回避重視!当たらなければどうもない!!
シリウスミネルバがソドマス。マイユニ、セシル、ナバールが剣士で、回復にマリーシアという選出になりました。

マイユニ、魔導士から剣士。こんなぶっとび兵種変更でもなんとかなっちゃうっていう(しかも速技が高いため、わりと強い)。

途中セシル、ナバール(デビルアクス急所命中)が撤退にはなったが、ホルスの弓で削り→シリウス近接!のパターンで撃破していった。(あとのメンバーは増援対応)

また、ここの面は敵が全部ローローな上、そのうちどいつがボスか分からないという特殊面でもあった。
私の場合上段のやつまで一通り全部倒していって、最後のやつがボスでした…。運悪!

マイユニちゃんも仮面被ってみた。だいぶ怪しい…。

って、瞬き途中のマルス様の顔が撮れちゃってそっちの方がびっくり。笑
なんかジト目みたいに。笑

11章  アンリの道


再び砂漠面。
斧と弓兵に加えて、飛竜が怖い!!

こちらは魔道士と弓兵、ミネルバシリウスドラゴンナイトで攻めた。あと説得用に入れたシーダは(速さ技カンスト)弓に遠くから接敵して仕留める!っていうのでかなり活躍。

マップにいるジェイクシーダで話しかけると仲間になる。
その時の会話で「近くにアンナの秘密の店がある」と聞き、探してみたら、ジェイクがいたとこ近くの骨マスにあった!!秘密のお店、今回初めてじゃないか…?
ラインナップは特攻武器めじろ押し。お金の限り購入!

この面のボスは1マス攻撃のみっていう経験値うまうまさん。
ライアンでチクチク。踊りとマリーシアのレベル上げにもなった。骨マスは他にもアイテム埋まってるとこがあるので、その間に飛行キャラでだいたい掘れたかな?

砂漠宝探しマップ、難易度も低めでちょっと一息。
しかしこの頃道具屋が出てこないので、傷薬が底をつきそう…。


5章分進めたので、この辺で一区切りにします!

ユニット育成状況(11章クリア時点)

今回の記事範囲で上がったレベルはこんな感じ。
マルス(LV10→12)
シーダ(LV12→18)
カチュア(LV10→14)
ミネルバ(LV6)
ルーク(LV8)
ロディ(LV8→9)
セシル(LV10→11)
シリウス(LV5→11)
ライアン(LV8→13)
オグマ(LV9)
ナバール(LV11)
バーツ(LV6→7)
ユベロ(LV8→9)
マイユニ(LV14→16)
リンダ(LV9→14)
マリーシア(LV12)
ユミナ(LV14→17)
ジュリアン(LV10)
フィーナ(LV14)

シリウスシーダに頼りすぎた感。
一方マイユニは、リンダとユミナに意図的に分散してたら、いつのまにか抜かれそうになってる…。

ユベロ(0/5/4/8/11/3/3)は残念ながらもう脱落かなぁ。加入したてのマリク、エルレーンに幸運以外完敗だし、マリーシア(0/6/6/8/15/5/11)と比べても微妙。

そして砂漠や狭いマップが続き、ソシアル軍団の育成が止まってる…。斧歩兵バーツも、なかなか出しどころが無い。できたら小隊メンバーにはこだわりたかったけど、そろそろ何人か絞ってく時期かなーというところです。セシル以外、ソシアルがどっこいな能力値ですごい悩む。

余談

うたわれるもの 散りゆく者への子守歌」トロコン

先週末セールでトリロジーセットを購入して、早速やってしまいました(*'ω'*)
PC版、PSP版で2周はしてるので4周目くらいになるかな…。(PS2版もやったかも)同じ作品を何度もやる方では無いので、なかなか自分的に珍しいです。

未プレイの続編の方が本命でさらっとクリアしといた感じなので、個別記事書かずにここで済ませます。

今回のリメイクは、次回作以降のシステムに変更された戦闘面が一番大きな変更に感じました。
ドット絵から3Dモデルへ。大きな変化ですが、ちびキャラ可愛いし戦闘モーションはよく動いて、自分的にはすごく良かったです。必殺技、協撃の演出も良い!!最初に遊んだPC版には協撃自体無かったから…どんどん進化してくれて嬉しい。しかもラストバトルでは台詞と表情が変化するという細やかさもあり感動。
まぁ、PS4クオリティとはお世辞にも言えませんが…。VITAなら気にもならないんじゃないかな。

シナリオなどゲームの根幹は変わらず。演習、戦闘回想でレベル上げとトロフィー目的のやり直しが簡易になって、非常に遊びやすくなっていたのも良かったと思う。

ただ唯一、自分の中でも賛否両論なのが、音楽
スペシャルエクステンデッド」「オリジナル」の2つが用意されており、前者は”新たな解釈によるBGM演出”となっている。システム画面からどちらのモードで遊ぶか設定できる。
スペシャルエクステンデッド版、要は次回作以降のBGMを使ってより豪華にってことなんですが、基本的にはすごく良いんです。
オリジナルは古いPCゲームで曲数が少なく、悲しい場面は全部これ、恋愛シーンは全部これ、みたいなとこがあったので。戦闘BGMは特に顕著で、それを多彩にする新バージョンはすごく良かった。(次回作以降の曲で、楽しみを先取りしてしまってる…っていうのは抜きにしてですが)

ただ、ボーカル曲の扱いが不満。
序盤からバンバン流されてて、確かに泣けるシーンだけどボーカルはやり過ぎっていうか…。台詞が聞き取りづらいし、涙がひっこんでしまった。
それに初見プレイなら「死ぬの?え、いやでも死なないでしょ…?」って場面なのにボーカルかかったらもうネタバレなような気が、とか(;^ω^)

最後の最後であの歌が、っていうのがこの作品最大の見せ場でもあるから余計に、ボーカル曲の安売りに感じたのかもしれません。

しかし…何度もプレイしてるけどやっぱ「うたわれ」は良い。和風と民族と獣人と、自分の好きな要素ばっか詰め込まれてるからなーw
初代主人公のハクオロさんがすき、その結末が素敵って思うので、次回作以降にはわくわく半分、不安半分。

「ルルアのアトリエ」続報(ピアニャちゃん!!!)

www.famitsu.com
ついに公開された、母となったロロナ。さらにリオネラちゃんの姿も!(「ロロナのアトリエ」は未プレイですが…)

リオネラちゃんは相応に年取って見えるが、ロロナ若すぎない…?絶対錬金術でなんかしてるよ!!笑

そして、ちむどらごんの説明文の中でひっそり明かされる「ルルアの師匠ピアニャ」の存在!!!
ピアニャってあれだよね…?「トトリのアトリエ」に出てくるあのちんまい可愛い最高に可愛いあの子だよね…??
すごくちゃんと成長してるし、錬金術の才能アリっていいながら捨てられたと思われた伏線?設定?も拾ってくれてるし、感動だー。