趣味:ゲームって言いたい!

リアルで語れないゲーム感想を好きなように書いているブログ。

2018年6月 ゲオ中古100円セールで買ったもの

昨日、ゲオのセール(6/29~7/1)に行ってきました。この手の記事は去年の夏以来でちょっと久しぶりですね。

今回は、
480円以下が100円
980円以下が500円

(対象機種:3DS/VITA/WiiUPS3PS2/PS/PSPUMDWiiGCGBA/DS/Xbox360Xbox
というセール内容です。

ちょうど前回書いた昨年夏のセールと同じ形式でした。が…980円以下が300円→500円と何故か値上がり
でも今回は、対象機種にVITA/3DSが増えてる!!

開催期間が今週末のみというのも、これまでのセールが約1週間だったのと比べると短く変わってますね。

セール対象の値段はかなりの旧作・駄作が多い価格帯…と思えるのですが、PS3テイルズでいうと「エクシリア」「ゼスティリア」→100円、「グレイセス」「ヴェスペリア」→500円と、前者にしても流石に安すぎると感じるし、後者は良作なのにカナリお買い得。(「TOV」リマスター発表されてますが)
PSPなら「空」三部作はじめ軌跡シリーズは全部100円。「零」「碧」見かけなかったけど、たぶん同じかな?DSなら「逆転裁判」シリーズが100円対象だったような。(記憶あいまい)

と、本体さえ動くなら、個人的に今でも充分遊べるソフトがお安いなーと思います。
自分が購入するのは、そういうのはもう大体所持しちゃってるので、マイナーゲームや数年ジャンルに触ってなかった乙女系が多くなってしまうのですが…。

購入ソフト

自宅がちょうどゲオ2軒の中間にあって、どちらに行こうかいつも迷うのですが昨日は暇で思わずハシゴしてしまいましたw
そのため写真も2枚。セールといっても店舗のラインナップ次第なとこがあるから、複数回ると買いたいソフトが見つかるというのはあります。

PS3「薄桜鬼 黎明録 名残り草」100円

「薄桜鬼」の外伝の、移植作品。PS2PSP→DS→PS3→VITA)(Wikipedia見たら移植・関連作品20本は軽く超えててビビった)
「思馳せ草」という、追加要素有のVITA移植版(完全版)というのがあるようです。乙女ゲームはそういうの多いですが、軒並み中古価格が下がらない(4000円位)印象があります。それで悩むんだけど、100円ともなると流石に旧版買っちゃう。

一番最初の本編&随想録は2010年頃にPS2でプレイしていて、「黎明録」は乙女系雑誌で新作情報を見ていた…記憶があります。乙女ゲーで、男主人公による前日譚(not BL)って珍しい展開のしかたで興味ある。元々の主人公・千鶴ちゃんが可愛いからこそなのかな?

実は本編PS3版(未開封)を所持しているのですが…当時、特典の枕カバーだけが目当てで購入したんですよね。笑 いざ入手して一回広げてみたらもう満足で、それ以来ずっと仕舞いっぱなし。何というか若気の至りの遺産です。

その本編もそろそろ再プレイしたいと思っていたので、こちらも併せて用意してみようと思いました。

PS3アガレスト戦記2」100円

アガレスト戦記2(通常版) - PS3

アガレスト戦記2(通常版) - PS3

初代をプレイ済みで、(プレイ日記1)「ゼロ」を所持しているので「2」も。そんな感じで購入したので中身については何も調べず。可愛い女の子成分が欲しい時にやる用(このへんのジャンルもプレイペースに対して積みゲー過剰気味ではあるけども…)なので、その需要が満たせて、初代みたいな歯ごたえのある戦闘が楽しめたらなお良い!という期待感です。

コンパイルハートといえば、来月フリープレイに「オメガクインテットがきますね。PS4発売初期の挑戦作って印象です。それ以外よく知らないし今のとこは興味わかないけど…

VITA「Exist-Archive」100円

PS4版も480円で、最初そっちを手に取ってたけど「PS4は対象機種外」と気付いて、VITA版を購入。他にPS4「ロストスフィア」980円もちょっと気になったので残念だった。

この作品は値付けから察する通りクソゲー評価を受けてるのは知ってても、いつか触ってみたいなーと思っていたものでした。トライエース作品だし。
ヴァルキリープロファイルをかなり意識した内容になっていて、そのへんがVPファンを満足させるものではなかったという話もあるので、VP未プレイの自分はいけるのでは?という淡い期待も。ていうか100円なら”面白い”と感じる部分が1つでもあれば充分満足できると思うから、賛否両論ある本作は結構いいんじゃないかと思ってる。

DS「タイムホロウ」100円

最近DSでサクッと遊べるソフトを欲してたので購入。パッケ裏より「過去修正アドベンチャーゲーム」と気になるが、ざっくり評判調べた感じ「設定は面白いがまとめきれてない」系らしい。時間操作系ADVは辻褄あわせ難しいよねぇ。

DS「アナザーコード 2つの記憶」100円

アナザーコード 2つの記憶

アナザーコード 2つの記憶

同じ開発元のウィッシュルーム 天使の記憶」をむかーしプレイした(操作もっさりでクリアせず)が、「アナザーコード」の方が前作にあたるらしい。
『さわれる推理小説』の宣伝文句の通り、一本道シナリオにちょっと謎解きという風でゲーム部分にはあまり期待できないらしい。が、シナリオ自体はそれなりに良いようなので楽しみです。

ちなみに続編Wiiアナザーコード:R 記憶の扉があり、更に続きを匂わせていたものの2010年に開発元シングは倒産しているとか…。

DS「チョコボと魔法の絵本 魔女と少女と5人の勇者」100円

FFのチョコボを主人公にしたシリーズの、アドベンチャーミニゲーム集。「チョコボと魔法の絵本」の続編にあたるが、話の繋がりはなく、また大半のミニゲームなどが前作の流用であることで評価を下げた作品らしいので、あまり問題にならないかなと思って購入。
同時期の同開発の作品では、こちらよりシドとチョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮DS+の方が評判良いと思います。ジャンルが全然違うけど。

あとどうでもいいけど開発元「ハ・ン・ド」って最近どこかで見たような…?って思ったら「オトメ勇者」だった。近年は「レイトン ミステリージャーニー」とか、「スナックワールド トレジャラーズ」とか、レベル5の仕事受けてるのが多いのかな。

PSP「維新恋華 龍馬外伝」100円

維新恋華 龍馬外伝 (初回生産版) - PSP

維新恋華 龍馬外伝 (初回生産版) - PSP

先日DSで「幕末恋華」再プレイにチャレンジして、PS2版当時に思ったより楽しめなかった…というのに懲りずに恋華シリーズw けっして良い作品とは言い難いんだけど、ここまでくるともはや愛着があるというか、妙に目につくというか。笑
恋華シリーズらしく歴史に忠実な乙女ゲースタイルを貫いてるようなので、幕末動乱期の「坂本龍馬」近辺の人物を扱った本作は、前作までの「新選組」周辺とは逆って感じもあって面白そうではある。
そして前作に続いて?また違った方向にアクが強いキャラデザ。個人的には前の方がまだ好み…かな…?(そう言うのも若干はばかられるけども)

何気に「初回限定版」を買えてしまった。「天狗党襲来!」という特典シナリオが収録されているらしく、変にモノが付いてるよりお得感ある。

PSPスクール・ウォーズ」100円

スクール・ウォーズ(通常版) - PSP

スクール・ウォーズ(通常版) - PSP

今は亡きクインロゼの乙女ゲーム。同社のゲームをプレイしたのはPS2「アラビアンズ・ロスト」くらいかなぁと思うのですが、強めのヒロイン、描写が過激め(CERO:D)っていうのが特徴かなと思ってます。
本作は学園モノで、作品自体知らなかったので、他に「アリス」シリーズとかファンタジーが多い印象だったのに対してなんだか新鮮で興味をひかれました。あとキャストに藤原啓治さんがいるのが気になった。先生役…だよね?
コメディめの乙女ゲーを気楽にやりたくなった時にプレイする予定。

PSP「CLOCK ZERO~終焉の一秒~」100円

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)

CLOCK ZERO ~終焉の一秒~ Portable(通常版)

オトメイトの乙女ゲー。ここはシリーズ沢山あって強いですねぇ…店頭で気になるソフトのパッケ裏見てると本当そう思う。
本作もまたVITA版があって、そちらには追加キャラルートがあるっぽいのでちょっと迷いました。他にも色々追加要素はあるんだけど、個人的に「後日談」より「キャラルート」だと嬉しい。
切ない系のシナリオらしいので、乙女ゲー且つそういう話が読みたい時にプレイする予定。

PSP「華ヤカ哉、我ガ一族 黄昏ポウラスタ」100円

以前、本編をプレイしてブログにも書きました。(感想1
「黄昏ポウラスタ」は「キネマモザイク」に続くFD2作目です。これまたVITA版があるのですが本編、キネモザを妹に借りてPSP版で遊ぶので、同じでいいかなって。

ところでパッケ絵は何で正、進、雅の三人なんでしょうか。人気順…?たぶん大人気な勇兄さんは?と思ったら、裏で兄弟全員のセンター飾ってました。これはこれで勇兄さんっぽい。笑
ちなみにパッケ裏では本編の隠しキャラを思いっきりネタバレしてた。FDだから別に良いのか。

PSPアンティフォナの聖歌姫 天使の楽譜Op.A」100円

アンティフォナの聖歌姫 ~天使の楽譜 Op.A~(通常版) - PSP

アンティフォナの聖歌姫 ~天使の楽譜 Op.A~(通常版) - PSP

日本一ソフトウェアのゲームです。「マール王国と人形姫」シリーズの続編。
評判は調べた感じ良くないですが、RPGとしての出来、シナリオが駄目なよう。でも”ミュージカル”という唯一無二な部分に関しては良さげだし、ドット絵も良いとのこと。パッケ絵も好みで、遊んでみたい気持ちが結構ある。
ほんわかRPGがやりたい時に…と言いたいところだが、難易度は高めらしいので覚悟してプレイできるときに。

PSP俺の屍を越えてゆけ」500円

俺の屍を越えてゆけ (通常版) - PSP

俺の屍を越えてゆけ (通常版) - PSP

俺屍はPSで初プレイ、今もアーカイブス版がVITAに入ってます。PSP版は持ってなかったのですが、「2」発売時の体験版が非常に太っ腹で、ゲーム中盤までなら遊び放題ってくらいのものだったので結構プレイしました。

…が。これまで通算10回くらいは”はじめから”やってますが、一度も朱点童子を倒したことがありませんw 最初の難関ポイントだとは思うのですが、どこかのタイミングでえいやっと乗り込まなきゃいけないっていうのが慎重派(ビビリ)だと難しい…。いずれプレイ日記を書きながらやれば逃げ出さずに出来るかな?と考えていたので、今回購入しました。
時間はそこそことられるゲームだと思うので、タイミングを見て始めたい。

最近プレイ中のゲーム

今回のセールで購入したソフトはこんな感じです。
買わなかったけど、「FF15」980円は衝撃でした。そんなクソゲーなの…??

100円ソフトもこればっかり買ってると、「お得で嬉しい」だけじゃなくて「それなりの金額払いたい」って気持ちにもなる。新作買わなきゃと思った。だから迷ってたけど、「オクトパストラベラー」予約します!

あと、PSNのセールで「新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~」1000円を買うかどうか。妹も気になってるソフトみたいで、どっちが買うか話し合い中。
VITAリメイク版の聖剣伝説 -ファイナルファンタジー外伝-700円もこれなら買ってもいいかな。で、何か買うなら「探偵 神宮寺三郎 灰とダイヤモンド250円、「蘭島物語 レアランドストーリー 少女の約定」250円はついで買いしそう。

それはさておき、最近プレイしてるゲームについて。

  • DS「放課後少年」クリア
  • PSP「街 ~運命の交差点~特別篇」プレイ途中

です。
「放課後少年」の方は、感想記事も書き終わる頃なので適当な時に載せると思います。

「街」は、まだ途中だけど面白いですね。
「428」がフリーズバグで終盤までのプレイ、タイムトラベラーズはクリアしたものの微妙(トロコン中にセーブ誤消去で断念)と何かこのシリーズとは縁が無い?って感じでしたが、「街」は古いけど充分楽しめる。

最近こういうソフトを遊んでいたので、今回沢山購入してしまったというのもありました。PSPとDS(3DS)は、自分の場合PS3より起動しやすいなって思います。
「街」が一区切りついたら、また現行機の作品をやろうかなと思ってますが、「BotW」とか、旦那さんと一緒にプレイしようって言ってたのに向こうは「KH1.5」を再プレイし始めてしまったから、もう一人で頑張るか…。

それから、今回買ったソフトについて。
以前同様の記事を読んでくださったことがある方は分かると思いますが、すぐにプレイすることは稀なのでプレイ感想はあんまり期待しないでください(´・ω・)