趣味:ゲームって言いたい!

リアルで語れないゲーム感想を好きなように書いているブログ。

「パワプロ2018」栄冠ナイン進行記録(6)31~35年目

この記事の投稿時点で、ゲームプレイの方は50年目を超えてます。
でもこの出だしのとこだけ後付けで書いてて、一応、記事の中身はもう少し前に書いておいたものなので記憶が薄れた内容ではないです。
(最近は”勝ててる”ので、低迷期のこと見返すと大変だなぁと思う笑)

monak8-game.hatenablog.jp

狙った転生プロ新入生の出し方(通称:古田or森ループ)

他の情報サイトでも散々紹介されてるものだと思いますが、今回書いてる年度からこれを実行してるので、ここでもやり方について簡単に書いておきます。たしか前作(2016)と同じだと思う。

1.入学式直前にセーブ
まず、新入生を狙いたい時の入学式の直前(1つのコマンドで突入できる日)で栄冠ナインを「セーブして終了」します。

2.「栄冠ナイン」スタート画面から「はじめから」を選択

「つづきから」ではなく、「はじめから」を選ぶ。
「このまま始めたデータでセーブすると、現在のプレイデータに上書きされますが~?」みたいな注意がされるが、問題ないのでそのままGO。

3.「年度設定」でリストの1年生を見る
ゲーム開始にあたっての年度設定の画面になったら、右側の選手リストに注目。好きな転生プロが1年生として入学する年度に合わせてみる。1年生の中で一番上に表示されている選手が入学してくるので、目当ての選手がそこにいるのを確認できたらOKです。
目当ての選手が1年生の一番上にいなかった場合、「キャンセル」して、「栄冠ナイン」モードから一度出ます。(ペナントとかマイライフとかモード選択できる画面まで戻る)そしてまた「栄冠ナイン」に入り、「はじめから」で年度設定して確認…を繰り返す。

4.「栄冠ナイン」スタート画面から「つづきから」で始める
↑の手順で目当ての選手が確認できたら、「栄冠ナイン」のスタート画面まで戻って「つづきから」でゲームを開始します。この時、↑で目当てがいなかった場合のようにモード選択画面まで戻ったらダメ
そのまますぐ入学式に突入すると、狙った選手が入部してきているはずです。

なぜ「古田or森ループ」なのか?というと、栄冠ナインではキャッチャー能力が重要と言われていて、「球界の頭脳」の金特を持つ古田敦也さんが重宝されているから。森祇晶さん(今回調べるまで存じ上げず…)は「キャッチャーA」の能力となっていて一段劣るようにも見えますが、実際にはそこまで差が無いと思われる。加えて、一度年代設定を変更すると3年間は変更できない中で、翌年度以降の新入生は「森ループ」の方が比較的良い選手がくる可能性が高い…ということらしいです。

31年目(1952年度・和歌山)

…ということで、パワプロ2018」では初めての古田・森ループ実行。
古田選手なら1981年、森選手なら1952年に合わせる必要があるけど、私はどちらでもいいと思ったので両方確認して、きた方で始める!というやり方です。両方いけた場合は…その時考える。
f:id:monak8:20180927154838j:plain
f:id:monak8:20180927154846j:plain
今回は、森ループ。
「2016」で古田ループは経験あるけど、森さんは初です。キャッチャーAの実力が実際どんなものか楽しみ。それ以外にあえて言うなら、「意外性」が付いてるからパワー上げを後回しにしても活躍できる可能性アリ?
顔設定は、ループの年度は「パワプロオリジナル」にしようと決めました。猪狩兄弟

 地方予選初戦敗退。B相手にやたら打てず。
 県大会初戦敗退。相手はD。あっ流石にこれは…(;^ω^)→そこそこ落ち。

f:id:monak8:20180927154856j:plain
リトバス世代は2年連続夏甲子園→秋敗退…ってきて、最終年では夏も勝てなかった。1~2年生の育成時期にそんな戦績だったから残当と言うか…。

もう少し敗因分析してみる。
近年新入生は数が少ないのに加えて初期ポジ被りも多かった。そのコンバートの仕方が良くなかったかもしれない。
これまでは基本的に、初期ポジを能力高い順に優先で決めて、サブポジ習得は(練習期間がもったいないので)極力しないというやり方。
そうすると今、1学年でスタメンをカバーできない人数なので、穴のポジションは新入生のうちで秋スタメン入りが狙えるくらい能力高めの子が”まさにその初期ポジ持ち”でやって来るのをのをただただ期待することになる。(そのポジの新入生が能力低いとかそもそも居ないとかで他の位置からコンバートすることになると、能力高めの子を選んでも1カ月分練習が減る。それで秋に間に合うかはギリギリ)
ここが運任せで、アテが外れて秋スタメンガタガタっていうのがわりとパターン化してたかも。

どうしたらいいのかなー。上手いこと世代交代してくのって難しい。

練習試合で中堅に。

32年目(1953年度・和歌山)

新入生はパルフェ」「ショコラ」2作品からギャルゲーおんなのこ世代。
f:id:monak8:20180927154908j:plain
f:id:monak8:20180927154914j:plain
転生プロはカトレアちゃんこと花鳥(米田)で、金特「ガソリンタンク」は栄冠ナインでは無意味でもオリジナル球種のある好投手。プロ捕手に続いて投手って揃うのはかなり頼もしいかも。
他メンツの能力は良くはない。内気ゼロ。

 甲子園出場を決め、強豪に!
f:id:monak8:20180927154928j:plain
本大会は初戦敗退。
予選のB、Aはなんとか勝てるようになってきた。けど、全国区のBにはなぜかどうしても勝てない。

 初戦敗退。そこそこ落ち。相手Bでそんなヒドイ…

ドラフト画面スクショミス。
f:id:monak8:20180927155008j:plain
キョウくんが大エースって感じだったし打線の打率も悪くなかった。
まぁほぼ白土育成だったこの世代の戦績としては、甲子園出場できただけで充分かな。

33年目(1954年度・和歌山)

ループ最終年、転生プロはまた投手で☆262サザキ(権藤)。
その学年の軸になる投手の有無は本当大きいから、すごく良い。
f:id:monak8:20180927155020j:plain
元ネタは遙かなる時空の中で4」です。ていうかはるとき、八葉+主人公ってぴったしな人数だ。サザキがエースなのは最推しだからですw

 予選初戦突破→中堅に。前期間中に練習試合勝利×2もありました。
しかし次の試合で敗退…。
 県大会突破で地区大会へ!しかし決勝、A相手にコールド負け

そしてまさかのセンバツ招集!!!中堅なのに!!!
 初戦…9回に勝ち越されて惜敗→そこそこ落ち。

え??頑張って何とかかんとか食らいついてセンバツ行ったのに1回負けたらそこそこなの??
な っ と く い か な い !!!(T_T)(T_T)

ループ初回の最終結果はこんな感じの戦績、そしてドラフト。
f:id:monak8:20180927155038j:plain
…あれ、猪狩弟(森)いないw
灰塚くんの打率HR数良いけど☆400以下のこの能力なので、守備が片手落ちしている。低迷期には、選手ごとに攻守どちらか割り切らないとなかなか育て切らないという事情があるけど。

34年目(1981年度・和歌山)

ループ2回目は古田ループで。
なんですが、見た通り外野一色でポジションバランス最悪…。更に能力も低い。投手は☆50ちょい×2。☆100超えは外野1人しかいない…ってこれ、ポテンシャル過去最低記録じゃないか??
f:id:monak8:20180927155048j:plain
古田さんと同じくメガネ捕手な水鳥くん。木場くんと覇道高校バッテリーで何とか頑張ってもらいたいもの。

 予選2回戦勝利→ようやく中堅に!
そして甲子園…4年ぶりの初戦勝利!!
二回戦目は、
f:id:monak8:20180927155131j:plain
ヒット本数的に勝てそうで(結果的には点にならず)負けてしまったけど、戦力Dに近いCこのチームでは御の字。勝因っぽいのは守備より打線。それ以上に良い場面で魔物に打順が回ったり、相手のエラーに救われたり、妙にツキがあったなぁ。

 地区大会へ。そして優勝!メモり忘れたけどどっかで強豪になったかな?
f:id:monak8:20180927155159j:plain
久々のセンバツ確実だーーー(*'▽')
勝因はサザキ!ほぼ全試合完投だった。
辛い展開ばかりでスペック不足の1年生投手が出せなかったのは今後の不安点だが、とりあえず大エースさまさま。入学即スタメンの水鳥、これってやっぱ「球界の頭脳」効果もあるか…?

打線が爆発し、あれよあれよと勝ち進む。
完封試合まで!!
f:id:monak8:20180927155301j:plain
そして準決勝。接戦だったが…
f:id:monak8:20180927155242j:plain
遠夜(三)のサヨナラエラーでジ・エンド。
結果はさておきサザキが対ピンチEになったのが痛い。

f:id:monak8:20180927155225j:plain
秋~春のサザキ快進撃が凄すぎて、卒業式にはもう夏の記憶があまり無いな笑
カトレアちゃんはしっかりエースだったと思う。たぶん。

35年目(1982年度・和歌山)

て…て…
f:id:monak8:20180927155313j:plain
f:id:monak8:20180927155318j:plain
天才っっ!!(゚∀゚)(↑のスクショ奇跡的に目つぶってるw)
投手かー。とは思ったがまぁ良し!これを契機に上昇気流に乗りたい。
元ネタはアマガミ。とくれば絢辻さんでしょ。

他メンバーは転生プロなしだが、☆150前後が中心とかなり有望。外野が足りない初期ポジバランスも、一つ上の代が外野だらけだったからむしろバランス取れてる。


予選初戦よゆーの5回コールド!
3回戦は、A相手に苦しめられるも2:0守り切って勝利!
そして優勝、甲子園へ!!

甲子園初戦。B相手に7:0でよゆー
続く試合も4:0、6:0…。ここのへん、サザキが8回まで投げて、最終回を天才に「急成長」使わせるってプレイングすらできた。

準々決勝。
f:id:monak8:20180927155511j:plain
ここで初めての苦戦。8裏に魔物で2E込みで逆転!!

準決勝。先制され、追う展開。
f:id:monak8:20180927155439j:plain
にも拘わらず鏡の1安打のみで敗北…。相手がすごく好投手で(転生プロではない)打ちあぐねた。サザキは負けてない。

 D相手に初戦敗退。→中堅落ち
f:id:monak8:20180927155528j:plain
あと1本が、でなかった。
天才の育成環境「黒土」維持したかったなぁ(´・ω・`)

ドラフト。
f:id:monak8:20180927155535j:plain
サザキは最終的にも対ピンチEだが、そもそもピンチを作らないという大エースだった。打たれ強さBが好影響してた?
野手はとりわけ目立った印象はなかったが、この世代の夏は”魔物ゲー”を仕掛けないでも勝てる試合が多かったので能力は全体的に高かったかも。

しかしその要因を考えると、この世代の1つ下が例の”過去最低ポテンシャル”なので、秋大会など世代交代できずに出場した試合経験点が多かったということかも。つまり、来年以降は…(;^ω^)

今回の主な出来事まとめ (31~35年目)

※【 】は3年生の世代

1952年度【リトルバスターズ!
夏地区大会 初戦敗退
秋地方予選 初戦敗退
(ドラ3×1、4×2人)
1953年度【フルーツバスケット
夏甲子園 初戦敗退
秋地方予選 初戦敗退
(スクショ忘れ)
1954年度【パワプロオリジナル】
夏地区大会 2回戦敗退
秋地区大会 決勝敗退
センバツ 初戦敗退
(ドラ4×3人)
1981年度【パルフェ&ショコラ】
夏甲子園 二回戦敗退
秋地区大会 優勝
センバツ 準決勝敗退
(ドラ1×1、3×2、5×1人)
1982年度【遙かなる時の中で4】
夏甲子園 準決勝敗退
秋地方予選 初戦敗退
(ドラ1×1、2×3人)

次回
monak8-game.hatenablog.jp