趣味:ゲームって言いたい!

ゲームやりたすぎて更新頻度低下中。

「ペルソナQ2」クリア後感想

事情により「12月8日までにクリアすること」を目標としていましたが、無事達成することができました!

その後反動で?体調崩したり、溜まった用事をこなしたり…で、記事を書くのは遅れてしまったけど。

とにかく思った以上に、めちゃくちゃ時間かかりましたね…!
プレイ時間なんと90h超え
まぁ、自分がペルソナ合成やPT編成に時間かけて悩みすぎってとこはあります(;・∀・)普通はもっと早くクリアできると思う…。


感想は、公式からストーリーネタバレ自粛のお知らせが出ているため、
p-ch.jp
「第4シアター以降」の話については内容を書かないようにしています。

ザックリ感想

  • 前作「Q」同様、「世界樹」ベースの「ペルソナ(3以降)」キャラゲー。本家よりは色々簡易でサクサク。
  • キャラ総勢28名!5人PT組むのも一苦労。サブペルソナとの兼ね合いもあって悩む…それが楽しい。
  • レベルUP時の掛け合いなど、キャラゲー的小ネタは豊富。
  • シナリオは個人的に、微妙。(賛否あった前作の方が好き)

概要

ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス - 3DS

ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス - 3DS

映画の世界に囚われたペルソナ使いたち。
そのカギを握るのは1人の少女…?

メメントスにて突如モルガナカーが制御不能の大暴走!?
不思議な空間へ吸い込まれ、たどり着いたのは、
見知らぬ敵が闊歩する謎の街。

その場を間一髪で脱走した怪盗団が、次に迷い込んだのは出口のない映画館だった。
そして、映画館で出会った、白い服を着た黒髪の女性ナギと
うつむきがちな少女ひかりに
映画の中から出てきたことを告げられる。
迷宮のような映画世界(ラビリンス)。
そして、映画の中で、導かれるように出会う同じ力(ペルソナ)を持つ者たち。
怪盗団は、映画館から抜け出すことができるのか…?
PQ2 - ペルソナQ2 ニュー シネマ ラビリンス| 公式サイト

前作「Q」がありますが、繋がりは一切ないです。
完全にキャラゲーなので、「3」「4」「5」はプレイしていた方が楽しめる。
「3」「4」の2ルートあった前作とは違って、今作は一応「5」が中心だけど、特別優遇ってほどでもなく良いバランスだったんじゃないかな?
それから、前作には居なかった「P3P」女主人公(通称・ハム子)が参戦!

私は、「3FES」「4」「4G」「5」、そして「Q」をプレイ済み。
ハム子は初見で、参戦に特に感慨は湧かないけどまぁ問題もなく。

他の外伝作品、格ゲーダンスゲーは未プレイなのでそちらとの関連は(あるのかどうかも含めて)わかりませんが、特に気になる点はなかったです。

感想

世界樹」迷宮攻略と「ペルソナ」戦闘の楽しさの融合は健在

まず第一に、ダンジョン攻略楽しい!!!

世界樹」ベースの地図作成と戦闘。それに加えて弱点超重要なバランスがペルソナ寄りで、ぶっちゃけ前作そこまで覚えてないので比較はできないんですが、たぶんほぼ同じ?
変わった点といえば、「5」準拠の属性変更
物理(斬・壊・突)が廃止されて核熱・念動・祝福・呪怨の裏四属性が追加となりました。

弱点突くのが超重要!なので、サブペルソナ合成は基本、属性を揃えていく。
ただそれも、攻撃スキルには連撃系、拡散系の属性物理と魔法系があり、なかなか選択が悩ましい。バフデバフ回復も持たせたいし、自動発動系も優秀。
本家ペルソナ以上に「覚えられるスキルの枠足りない!」ってなったかも。

そしてその上で、戦闘キャラ25人から属性耐性と所持サブペルソナを見て5人選ぶ。って、これまたすごい悩ましい…!
メインペルソナの初期性能・耐性は基本的に本編準拠。(アイギスが核熱物理系、天田くんが念動系、真田さんが電撃魔法系など若干の調整アリ)

数が前衛キャラ>後衛キャラと偏ってるのもあり、なんでも好き勝手に組み合わせづらいのってキャラゲーとしてはどうかな?って感じはしますが、個人的にはゲームとして面白い方向で楽しかったです。(アイギスと3主人公、同時にPT入れたい二人の電撃弱点被りは苦慮したけど…!)

魔法系スキルはSP消費が探索継続のネック…と思われますが、

  • HPSPはサブペルソナぶん戦闘終了後に回復
  • 弱点orクリティカル攻撃→ブースト中はコストゼロ

っていうので、およそ魔法1回なら実質ノーコストで撃てる。
それから、物理は素で外すことがあるのに対して魔法はバフデバフ無ければ安定して当たる。

以上のことから、攻略道中は魔法系優遇に感じた。
道中は主に総攻撃で一掃するのが楽なので、単発魔法とマハ系(全体攻撃魔法)が欲しい。前後列にいる場合に拡散じゃ足りない。
魔法8属性を5人で担当するとなると、やっぱりメインペルソナで魔法を単複持ってるキャラを多用してました。(真田さん、桐条さん、アイギス、5主人公、明智など)

…と言っても、最も使ってたキャラは白鐘直斗くんなんですが。祝福と呪怨のマハ系をサブペルソナに継承(アヌビスが最適)すれば2属性担当できるからね。
好きキャラに絞っても、サブで調整してなんとかなるのが良いキャラゲーバランス。

一方でBOSS戦闘は弱点のけぞりが無いのと、耐性変更してくるやつの対応としてクリティカル率UP+物理の方が強いかも?
後半ペルソナ所持枠に余裕がでてきた頃には物理オンリーのとか、拡散物理をまとめた前衛とか色々作ってみて、それもまた楽しかったですね。たぶん連撃系は終盤入手のスキル入れてからが本番だし。


NORMALでプレイしましたが難易度は、ちょっと高め…?
まず最初のBOSSカモシダーマンがめちゃ強くて、えええってなって。笑 迷宮最下層BOSSは、毎回一度全滅したのでそう感じました。
それ以降のどのBOSSも個性的で、対策PT組んで勝つ!ってのがすごく楽しい。

探索毎にメンバー総とっかえってぐらい色んなPTで攻略してたんですが、それにより全体的に低レベルだったのが苦戦の原因かもです。

というのも、ラスダン突入時にいよいよだな…ってPT固定したらめちゃスイスイで。最下層到達時にはFOEが白になってたくらい…。
結果、ラスボスのみ一発撃破という。笑 しかも内容も雑にバフデバフ撒いて物理、で勝ってしまった。

最終的なワイルドレベルは77。
オタカラスポット出現の例の敵はラスボス前に難なく撃破できました。でも裏BOSS?的なアレは第一段階までしか倒せなかった(´・ω・`)
レベルカンスト前提できちんと合成して挑む…ってとこまでやれたら良かったんですが、今回タイムアップ(ソフトを妹に貸す)で断念。妹、頑張って倒してくれー。

ネタバレしない範囲でシナリオについて

※「第4シアター」以降の内容は書いてませんが、全体的な感想を書いています。
どうしても、”こういう感想を抱いた”ってことも少なからず”ネタバレ”には繋がってしまうと思うので、気になる方は注意してください。


記事冒頭、ザックリ感想の方でも「微妙」とバッサリ書いてしまいましたが…。

前回記事でもちらっと書いたように、最初のシアターから第2、第3と続けて『力のある個人に支配されて”流されがちな大衆”の悪いところを主人公たちが正す!』って、延々とどっかで見たような流れ。
「5」の要素を抜き出して、今作の骨組みにした印象を受けました。そしてそれ以外の色々な要素に覆われた「5」の時より、シンプルに展開されるそれはただただ”説教臭い”と感じてしまって。

そして映画の世界に入るってのはテレビに入る「4」を彷彿とさせるし、どことハッキリ言うのは今思いつかないけど「3」の要素もあったのかも。
各作品からキャラだけでなくシナリオ要素も輸入して構築されたのが、今作のシナリオ…という風に感じました。オマージュっていうか。ある意味ファンサービスなのかも?

キャラゲーの外伝。
各作品のネタバレ配慮して、当たり障りのない感じのシナリオにしたかったんだなぁと思います。たぶん前作「3」ルートへの批判を受けて、なのかな…。

私は、本編並みのシナリオまでは期待していないけれど、少なからず本編に対して意味のある内容であってほしい気持ちがある。なので今回のやり方はつまらなかったです。
ファンしか買わないゲームなんだから、割り切って色々やってくれた方が嬉しい。けど売ること考えたら、ファンはまぁ買うし、それよりも「全作やってないけどどうしようか」みたいな層に門戸広くして、未プレイ作品あっても大丈夫って評判にして買ってもらう方が正解よなぁ…なんて想像。いやでも、そんな想像するのはつまらないので忘れよう(´・ω・`)

当たり障りないとは言ったが、その範囲ではキャラゲーらしく作品の垣根を越えた交流が活発。それはとてもニヤニヤできる。(真田・千枝・祐介の肉トリオとか、「お手上げ侍」「テレッテ」が色んなキャラに飛び火してるのとか)

そしてそので、よーく見てるとあのキャラとあのキャラの会話シーン無いな…とか、あのキャラちょっと遠巻きに見てるな…とか、察することができるっていうのがファンが楽しめるポイントだと思った。地味ではあるが、それこそ”知ってる人向け”だから一層ニヤニヤできるかも。


それから後半ダンジョンの狂乱のマリアだったかな、が、コンセントレイトからのテンタラフー!してきた時とか笑ってしまった。
意図的に仕込んでるとしたら流石すぎる。

すれちがい通信」してみた結果…

発売翌週の週末(12/8)、電車で都内横断する用事があったのでやってみた。NEW3DS重たいね…。

往時ならともかく今どき3DSほぼ見ない(最近だとSwitch持ち歩いてる小学生は何度か見た。マジで外でやるものなのかビビッた)し、電車移動のみだったんでどうかなと思ったけど…
1人だけすれちがえました!!!

なんか嬉しい。

サブペルソナを貸し借りできる機能があって、私の方は超特急で進めてたので、どんなサブペルソナがいるかってネタバレになるかもなーと思いシリーズ恒例のアリスにしてみてました。
f:id:monak8:20181212110929j:plain

あとから思うと「死んでくれる?」が感じ悪かったかな…(´・ω・`)
いやまぁファンならネタって分かるし大丈夫か…。

余談・スマブラ購入!

やー。買う気はなかった。(買う日までは)
f:id:monak8:20181212145351j:plain
先日土曜っていうのが友人と会う用事で、多少ゲームするよーって人たちなんですが、ノリで「Switchごと買うからスマブラ対戦しようぜ!!!」とか言ってたんですよね。
まぁ十中八九社交辞令なんですが、夫が以前からスマブラやりたいなーって言ってたのと、私もゲーム好きだから後押しがあるとホイッと買ってしまうのでした。

そーいうところよね。普段、ブログ書いたり読んでたりして自分はゲーム好きの中でもまだまだペーペーって感覚でいるのですが、リアル友人と話すといかにどっぷり浸かってるかと気づく。笑


しかし現在、思った以上にゲームキューブコントローラ接続タップ」が品薄です…。存在知ってたし事前準備しておいたのに。まさか買うとは思ってなかったから。

あとは、とりあえずSwitchオンライン7日間無料体験に加入。継続することになると思います。

まぁ私はスマブラ激弱なんで、夫がメインのゲーム。
私は平日ちょこちょことキャラ解放を進めたり、スピリッツボードをやってみたりです。

OPや「灯火の星」のムービー、すごい胸熱!
800以上もある曲リストとか、凄すぎて最早わけわからん。
スピリッツで千年家族のキュピットくん、ギフトピアマッポがいたことにめちゃめちゃ感動した。
そしてまさかの「ペルソナ5」からジョーカー参戦とか、「Q2」やってたから、そっちにもクロスオーバーするのかよって。笑


スマブラやってると、色んなゲームやりたい!!!って欲がむくむく湧いてきます。

「初代」「DX」「X」「for」、そして「SP」。
なんだかんだと全作触ってきてますねー。
それでも子どもの頃に64で遊んだ時間が一番長いと思うけど、今作は超えるだろうか。